女性の肩こり

肩こりに悩む人は、男女の性を問わず、
老若問わず、まあ言い方が乱暴かもしれませんが、見境なく無差別であると言えます。

 

しかし、「女性の肩こり」に関して言えば、
男性や高齢女性の肩こりとは少々違う可能性もあります。
というのは、女性の肩こりは、「生理」と大きく関係していることもあるからです。

 

女性であればだれもが経験する生理は、不快感や倦怠感、
そして、多くの女性にみられる「腰痛」などの症状が出ることでも知られています。
そして、この「肩こり」に関しても、生理との関係について推測されるようになってきています。

 

多くの場合「肩こり」というのは、ストレスが蓄積することで発症しやすいと考えられています。
女性にとって「生理」というのは、ストレスと無関係ではありません。
というよりもむしろ、「生理」のときにはいつでもストレスを感じるでしょう。
とすると、当然そのストレスによって「肩こり」を発症する可能性が高くなるのも納得できます。

 

一般に、女性の生理と関係して発症する肩こりは、
特に「月経前症候群」と呼ばれる諸症状の中のひとつであると考えられます。
「月経前症候群」は略称で「PMS(Premenstrual Syndrome)」と記述されることもあります。

 

「月経前」と記してあっても、「月経中」にこの症状が現れないわけではありません。
ただ、「月経中」に徐々に症状が緩和することが多いです。
もちろんこのあたりは個人差が生じますので、具体的な症状に関しては一概に言えるものではありません。